旦那でADHDの特徴を確認してみる【衝動性編】

ADHD衝動性編ADHDの話
私は専門家ではありません。
私が調べた事とネスケの場合を書いています。
参考程度にお読みください。

※令和4年1月加筆・編集

発達障害(ASD,ADHD)と、診断されている旦那のネスケですが。

ADHDの特徴が強く出ている所があると感じたので、どの部分がADHDの特徴なのか旦那の場合として説明してみたいと思います。

ADHDのよく聞く(よく目にする)特徴は色々あります。

 

 

良く聞くADHDの特徴
 
片付けが出来ない
(整理整頓が苦手)

落ち着きがない

 

忘れ物(失くしもの)が多い

 

単純作業が苦手
           etc…
これらは、ADHDの特徴として目にする事が多いですが

詳しく説明していくとADHDの中にも不注意型、多動性型、衝動性、混合型と言われるものがあります。
他に『興奮性』というものもあります。

『落ち着きがないなんて多くない?』『衝動買いなんてする人多いよ』など、特徴をみていても多くの人に当てはまる事だと、私も思っていました。

今回は、ADHDの衝動性編として書いていきます。
 
ADHDの不注意編もありますので、併せてお読みください。
ASDとADHDの特徴を書いた記事もあります。

 

 

 

 

 

そもそもADHDとは?

 

 

ADHDとは、不注意、多動性、衝動性という特徴がある発達障害です。

ADHDAttentionDeficit
(注意欠如)

Hyperactivity
(多動性)

  Disorder
(障害)

発達障害は、病気ではなく『脳の機能障害』と言われています。

脳の機能の一部が上手く働いていない。
先天性なので、ある日いきなり発症した(出てきた)という物でもありません。

ADHDの、不注意、多動性、衝動性が、どのような物なのかネスケの行動で(ネスケの場合)説明したいと思います。

今回は、衝動性編となっております。

 

 

 

 

 衝動性ってどんな感じなの?

どんな所が、衝動性と言われるのか?

衝動性の主な特徴

 

●感情や思いつきで行動してしまう
(後先考えずに行動)

●人の話を最後まで聞かずに遮って話してしまう
(人の話に割って入ったりする)

●順番が待てない(待つのが苦手)

●怒りっぽい
(思い通りにならないと不機嫌になったりする) 

●衝動買いをする(お金の管理が苦手) etc…

このような特徴がありますが、ネスケに当てはまる所があるかと聞かれると。
あるような、ないような…。

まあ、あると言えますね。

ネットや本などで、ADHDの3つのタイプを見た時に、衝動性と多動性は一緒のくくりになっている事が多いと思います。

私も、調べてはみましたが、一緒に説明されている事が多かったです。
今回はあえて別に書いてみますが、多動性と被る所もあると思うのですが、そこはごめんなさい。

先の事より「今」を優先させてしまうところがあるというのが、ADHDの特性を持つ方の様です。
過去や未来を考えないところがあるようです。

 

 

 

感情や思いつきで行動してしまう

発達障害の旦那思い立ったらすぐ行動イラスト

ネスケは、思いついた事を思いついた時に即行動します。
したい事が浮かぶと、すぐに行動するので振り回される事も多々あります。

 

ネスケの思いつきで行動する時は

例えば、私は休みの日は普段できない家の事をまとめてやろうと考えています。

 

そんな時でも、ネスケと同じ休みの日にネスケはゆっくりすると言っていたとしても、ネスケの思いつきで急に出かける事になったりします。

私が、家の事をしたいと言っても

 

「帰ってきてやればいい」

「今行きたいから明日すれば?」

と、譲りません。

 

結局、私が折れて出かける事になる。

私の用事が終わるまで待つという事もしません。

 

『行く』なんです。

『行きたい』ではないです。

そしてそれは「今」なんです。「後で」ではない。

思いつきで行動するので、失敗する事も多いです。

これが衝動性というのかは分かりませんが、最近のネスケは不用品を(私の着られなくなった服など)フリマサイトで売ったりしているんです
発送の際に横幅は合うけれど高さの分が余っていたので、その部分を切ればワンサイズ下の送料で送れる!と、ネスケは思いつきました。
ですが、どこをどのように切ればいいか?などと考えながらではないので、当然失敗しました。

結局、横幅も合う段ボールもなく、今とても困っています。
(これは、今日の話です)

ハッ!と、思いついたら即行動です。

考えながらと、か計画しながらというわけではないので、失敗は多いと思います。

 

 

 

 

余談ですが、発達障害を持っている方の自己肯定感について

ネスケの場合ですが、物心ついたころから失敗が多く、その事で嫌な思いをしたから自己肯定感が低いのだと、ネスケを見ていて感じていることなのですが。

失敗する➡周りに何か言われる➡大人になるまで続く➡『どうせ失敗する』

ネスケの話を聞いていると、こういう感じに自己肯定感が低くなったと思います。

発達障害、特にADHDの人は怒られる事や、問題児扱いされる事が多いため、自己肯定感が低い方が多いとの事。

ネスケは、自分の事に対してはとてもネガティブです。
なぜ、そこまでネガティブに考えるの?というくらいです。

『どうせ失敗する』というのも、自己肯定感が低く自分に対してネガティブだから出てくる言葉(考え)だと思います。

ネスケは何も出来ないわけではなく、私には出来ない事や、私には持っていない発想力などがあります。そこが上手くかみ合ってこなかっただけと思っています。

※ネガティブに考えてしまう部分は「認知のゆがみ」から来ることも多いと思います。

 

 

 

 

 人の話を最後まで聞かずに遮って話してしまう

話の途中で話を始める

これは、まさにネスケです。
私が、話をしていると遮られる事が多いです。

大げさに言うと毎回です。

どんな感じに話を遮られるか

私が、話したい事があって「ねえ!聞いて―」と、ネスケに話しかけ、話をしだすじゃないですか。

そうして、私が話している途中で「あ、聞いて」と、ネスケが言います。

 

私も話が途中なので「は?」と、思うのですが。

ネスケはとにかく話がしたくてたまらないといった感じで、私の事はお構いなしで話し始めます。

 

ネスケの話が終わり、私が話の続きをしようとすると、ネスケは聞いているのか聞いていないのかという感じです。

 

これは、10回中6回くらいはされます。

相手が(私が)話し終わるのを待てない感じです。

思いついたことは、すぐ言いたい(すぐ話したい)のだと思います。

逆に、私がネスケが話をしている時に『でも』とか『それは』などと、ネスケの話を遮って話をしようとすると『ちょっと!俺の話を聞いてよ!』と、話をさせてくれない。

おいおい、私の話も聞いてくれよ。と、毎回思ってしまいます。
ネスケは良く『理不尽だ』と言いますが、私の方が『理不尽だ…。』と思ってしまいます。

ですが、最近の私は気にせず私の話を進めます。
遮られてもネスケの話が終わったら、続きから話します。
ネスケが聞いていないならば、最初から話し出します。

うざがられますが気にしません。

私だって話を聞いてもらいたい!

 

 

 

 

順番が待てない(待つのが苦手)

この順番を待てないというのを、ネスケの場合で考えたのですが。
ネスケは、順番守って並んでいます。
待つのも苦手という事はないです。

これを本人に聞くと。

『スマホがあるから待てるよ』との、返答を頂きました。

確かに…。

スマホがなければ分からないそうです。
※順番を待てないというのですが、二つのレジの真ん中などにコンビニでは待つ位置がありますよね。ネスケは、そこに人がいるのを気づかずに、レジに商品を持って行ってしまうという事は多々あります。これは、周りを見ていないからなので、順番を待てないという事ではないですね。

最近のネスケを思い返してみると、順番を待っている時など、前の人が遅い時は必要以上にイライラとし始めます。(この記事を書いてから1年以上経って気づきました💦)
待つのは苦手ですね。

 

 

 怒りっぽい

怒りっぽいです。
ネスケと一緒にいるようになって数年が経ちますが、未だにネスケの怒るポイントが分かりません。

自分に対してイライラしている時もあります。

『なんでこんな事も出来ないんだ!』

と、自分に対してイライラする。

 

自分の要求が通らないとイライラする。

『俺の意見はいつも通らない!』
(そんな事はないのですが)

衝動的にイライラする。
『じゃあ!もういい!』
(いきなり言われるので何が良いのかわからない

逆切れ?も多い。
『やってって言ったからやったのに文句言うなよ!』
(…。)

 

沸点が低いので、何に対して怒るのか予測が出来ません。

『俺の意見はいつも通らない』ですが、ネスケの場合ASDの特性が関わってくるのかもしれません。

嫌な思いをしたというのが、強く残ってしまいます。
(むしろ嫌な記憶しか残ってないのでは?というくらい)
なので、2,3回意見が通らなかった事があると、いつもそうだという風に感じてしまうのかもしれません。

ADHDの特性を持つ方は、『感情のコントロール』がが出来ない事があります。
これを脳の機能で言うならば『扁桃体』という部分の働きが弱い事が分かっている様です。

 

 

 

 

衝動買いをする

発達障害の特徴を全部見ても一番ネスケに当てはまらない。

この『衝動買いをする』(お金の管理が苦手)という事です。

ネスケはまず衝動買いをしません。(これは間違っていました)

悩んで、悩んで、迷って、結局買わない人です。
※この記事を書いた後にやらかしてくれました。

お金の管理ですが、これも苦手ではありません。

貯金を、ちゃんとする子です。
逆に私の方が衝動買いしてしまうので、ネスケに怒られます。

ネスケは、かなりのケチ… あ、倹約家です。
なので、『衝動買いをする』『お金の管理ができない』

これは、いまいちピンと来ないです。

※追加で書かせていただきます。
ネスケが、やらかしてくれました。
衝動的に、給料の2か月分ほどの買い物をしちゃいましたよ…。
副業をするなんて言っていましたが、その教材?を、相手と電話で話していて切ったと思ったら

『買っちゃった』

『買っちゃった』じゃないよ!

支払いどうすんだ!
無駄遣いしないと思っていたら、衝動的に買い物はするみたいです。

泣きそうです。

今月は、自動車税二台分払わなきゃいけないのに…。

 

 

 

 

衝動性のまとめ

ADHDの特性の1つ『衝動性』

私から見た「衝動性」は、『無計画に動き、段取りも無視、考えをまとめる事も苦手、先延ばしは多い、目先の欲求に飛びつく』という感じです。

先延ばしについての記事も書いてあるので、良かったら覗いてみてください。

 

 

私が読んだ本に「衝動性」というより、「混沌性」や「秩序崩壊」という方が合っていると書いてありました。
確かに頭の中は忙しそうだし、秩序は崩壊しているかも…。

ちなみに、こちらの本です。

衝動性から「思いつきで即行動」するけれど、無計画に行動するので失敗してしまったり、投げ出してしまったり、という事もある。
行動力はあるけれど、持久力がなかったり、時間の感覚もなかったり、目先の欲求を優先させてしまったり…。

けれど、その反面思いつく事は多いともあります。
(アイデア、発想力がある)

これをネスケに伝えると「そんなのみんながみんなそうじゃないし、俺は違うし…。」と言います。けれど、私にはない思いつきがあるので、そういう時は素直に「すごいね」と伝えています。

ADHDの人全てに、それぞれの特性があてはまるわけではありません。
強く出ている所、全く当てはまらない所とあります。

衝動性の特徴は、その名の通り衝動的に行動するという事だと思うのですが、文字で読むだけでは『それって誰でもあるよね?』という風に感じる人もいると思います。

ただ、その部分が強く出すぎてしまうという事だと思うんです。
本やネットで、対処法などが紹介されています。
ネスケも本を読んだりしましたが…。

ネスケ曰く「本に書いてある対処法をやろうと思っても、メモを書けば書いた時点で間違っていたり、書いたメモを失くしたり忘れたりするんだから、そもそもそこの対処法をしりたい。」

なかなか、対処法などを知っても難しい部分もあるようです。

我が家での対処法

ここにコンテンツを入力します。
衝動性などにより、自分で立てた予定をこなすことが出来ない時があります。
『どうしてもこれだけはやって欲しい。』という事を、メモ書きにしてネスケに渡しています。
そのメモですが、『●月○日までにやる事リスト』というものです。
優先順位順にやる事を書き、その横にチェックする□を書いてあります。忘れる事もなく、やった端からチェックを入れていく。
今のところネスケにはこの方法があっているようです。

ただこのリストは、私が「これは忘れずにやってね。」と書いている物なので、ネスケ自身の予定は知りません(笑)

 

 

この記事の内容に関連した本