ADHDの話

ADHDの話 ADHDの話
ADHDの話

『先延ばしにしてしまう』ではなく『気づくと先延ばしになっている』旦那

発達障害の主な特徴に「先延ばしにする」というものを良く目にします。ASD+ADHDと診断されている旦那の場合として「先延ばし」について書いてみます。
ADHDの話

時間にルーズな旦那 どうして?

日頃、時間にルーズな旦那ですが。それには、発達障害の特性が関係しているようです。どの部分が関係しているか?どのような対策をしているか?
ADHDの話

片づけられない・物を失くす旦那

片づけ(整理整頓)が苦手で、物を良く失くす旦那。その原因に、発達障害ADHDの特性がある。片付けが出来ない理由・物をなぜ失くすのか?
ADHDの話

旦那のADHDの特性で嫁が困る所(イラッとする所)

発達障害(ASD+ADHD)と、診断されている旦那に嫁の私が困っている所はADHDの特性。ASDの特性は、困っているというより『悲しい』とか『寂しい』という気持ち的な事だけれど、ADHDの特性は、日常生活での困りごとが多い。
ADHDの話

旦那でADHDの特徴を確認してみる【多動性・混合性・興奮性編】

発達障害ADHDは、主に3つのタイプに分類される事が多いです。不注意型、衝動型、多動型。この中の多動性(落ち着きがない、おしゃべり)と混合型(全部の特徴が出ている)そして、興奮性(依存症や瞬間湯沸かし器)について、発達障害の旦那の場合としてどんな行動なのかを書いてみたいと思います。
ADHDの話

旦那でADHDの特徴を確認してみる【衝動性編】

ADHDは主に3つのタイプに分類される事が多いです。不注意型、衝動型、多動型。この中の衝動性について、発達障害の旦那の場合としてどんな行動なのかを書いてみたいと思います。衝動性は、「怒りっぽい」「先延ばし」「思いついたら即行動」「無計画に行動」「待つことが苦手」「衝動買い」などの特徴があるようです。
ADHDの話

旦那でADHDの特徴を確認してみる【不注意編】

大人のADHDは、主に3つのタイプに分類されているようです。不注意型、衝動型、多動型、もう一つ混合型という物があります。他に『興奮性』もある。ADHDの特徴として多く目にする事がある「片づけられない、落ち着きがない、遅刻が多い」等々、これらは具体的には、どんな感じなのかというのを発達障害の旦那の場合として説明したいと思います。
ASDの話

発達障害の旦那と仲良く過ごしています

発達障害の旦那と私は仲良く過ごしています。ですが、アスペルガー症候群のパートナーは、カサンドラ症候群になりやすいと言われています。私たちは、どのように仲良く過ごしているか…。
スポンサーリンク