【ASDタイプ】尊大型のいくつかの特徴と対応

尊大型は「相手が悪い」というASDの話


私は専門家ではありません。
ネスケ(ネスケ父)の場合と、私の調べた事を私なりの解釈で書いています。
参考程度にお読みください。


ネスケ
ネスケ

発達障害(ASD+ADHD)と
診断されている旦那ネスケです

ネスケ子
ネスケ子

妻のネスケ子です
私たちの紹介は
コチラ


今回は『ASDのタイプ「尊大型」の後編』となります。
前編では書ききれなかった『特徴と、対応』を、続きとして後編で書きます。

主な特徴と、ASDのタイプなども書いています。

尊大型についての記事・前編
(特徴と対応を書いています)

ASDのタイプはいくつかに分かれています。

ASDタイプ
ASDのいくつかのタイプ

  • 自己主張が強い
  • 威圧的な態度
  • 感情的
    (キレやすい)
  • 内弁慶の人が多い
    (逆を言えば「外面がいい」)
  • 学力は高い方
    (仕事で高い地位に行く方も多い)

    前編『尊大型』の主な特徴について

上に挙げた特徴について前編に書きました。

今回は、残りの特徴と尊大型のまとめとなります。

  • 自分の中の価値観が強い
  • 強いこだわり
  • 承認欲求が強い
  • 頑固でひとりよがりに見える
  • 集中している作業などの邪魔をされると怒り
  • プライドが高い
    (見下すような、馬鹿にするような所もある)

ASDのタイプは必ずしも1つのタイプを持っているというわけではなく、2つ以上のタイプが混合しているという事の方が多いようです。

当事者の方も、サポートする側の方も

『このタイプだっ!』と思い込むことは強い偏りの原因にもなってしまう。

『この特徴もあるな』と、対応の参考程度に知る事が良いと思います。

そして、タイプが変わるということもあります。

ネスケ子
ネスケ子

それではそれぞれの特徴と対応を、詳しく書いていきます。

私が書いた『ASDのタイプ』についての他の記事もあります。






自分のなかの価値観が強い「尊大型」タイプ

ASD(自閉スペクトラム症)では、基本的な3つの特性があります。

ASDの基本的な3つの特性
  • 社会性の障害
    人とうまく関われない。
    関わり方が独特。
    空気を読んで臨機応変な対応をするのが苦手
    など

  • コミュニケーションの障害
    一方的に自分のことばかり話す
    思ったことをそのまま口に出す
    冗談が通じないなど

  • 社会的想像力の障害
    他人の感情や経験した事がない事を想像できない
    こだわりが強い
    興味がない事には関心を示さないなど

ASDのタイプによって、目立つ特性(強くでている特性)がそれぞれ違うと感じます。

尊大型の主な特徴は

自分の価値観だけで判断し、その自分の価値観から外れる事に対して、非難したり排除(拒絶)するというものがある
自分のなかだけにある価値観を、正当化するために威圧的な言動で攻撃する。
攻撃と言うより、自分の価値観を押し通す(強い主張)となる。

ネスケ子
ネスケ子

ネスケ父が自分の考え(意見)を、威圧的な言動をネスケ母やネスケにしている光景はまさにこれです。

明らかに間違っているであろうことでも、威圧的に自分の考えを押し通す時があります。

悪気がないことが前提だとしても、自分の言動によって「相手がどう思うか?」ということを想像できない。

『想像力の欠如』として、人の気持ちを想像することや、先の展開を予測できないところがあります。

人の気持ちが分からないというのも、相手の立場に立つことが苦手ということです。
自分の視点(1つの視点)からものごとを見てしまう。


自分のなかの価値観が世のなかの標準とも思ってしまうため、その価値観から外れること(外れる人)は許せないとさえ思ってしまう。
(許せない=怒りなど)

  • 自分の言動によって「相手がどうおもうか?」想像できない

  • 相手の立場に立つことが苦手
    (自分の視点から移動することができない)

  • 自分のなかの価値観が正しいと思ってしまう
    (思い込んでいる)





自分の中の価値観が強い・強いこだわり

強いこだわり(自分の中の価値観)から外れる事を強く否定する父

発達障害の特性の中でも『強いこだわり』というのを、よく目にする方も多いのではないでしょうか?

ASD(自閉スペクトラム症)のネスケは、強いこだわりが目立ちます。

そして、ネスケに輪をかけて「強いこだわり」があるのが、ネスケ父です。

『こだわり』ですが、一般的に使われている「こだわり」とは少し違う意味。

発達障害の特性で言われる『こだわり(固執性)』とは、思考の切り替え、視点の切り替えなど「心の移動」ができない。

「同一保持」ともいい「固執性」の中心となる特性とのことです。

「いつもの同じようにやりたい」

同じ行動が安心するという特徴です。
これにも「こだわり(固執性)」が関わっています。

環境の変化に抵抗するという、慣れた環境(慣れた行動)が安心する=環境の変化は不安(なので抵抗)


環境の変化や、予期せぬ出来事が起こると、パニックを起こす。

イマジネーションの障害の部分から、どのように対応したらいいのかが想像できないためにパニックを起こします。
『臨機応変な対応が苦手という特徴に繋がります。


※参考図書

自分のなかの価値観というのは、発達障害の特性を説明する時に使われる『森ではなく一本の木を見る』という事だと思います。”見る”というより”一本の木しか見られない”



 自分のなかの価値観の例『家事は妻がやるもの』

何も手伝わない発達障害の旦那

尊大型タイプが夫だとします。
「家事は妻がやるもの」という価値観を持っている場合

『家事は自分がする事ではない』という考えになります。

こんな考えを持っていたら、当然夫は家事を手伝ってくれない。
妻がすべての家事(子育て)を、奮闘している姿を見ていたとしても

『こなしている姿を見て=大変そうだ。』ではなく

『妻一人でこなしているから、自分はやらなくてもいい』と思ってしまいます。

手伝わない事に対して、夫に意見や愚痴を言ったとしても
手伝わない理由などを自分なりに主張し正当化する。

そんな光景を容易に想像できてしまいます。

『頑固でひとりよがりに見える』というのも、強いこだわりからくるものです。
(他の意見を受け入れないというところに繋がっていきます。)

ネスケ子が参考にした本




承認欲求が強い・プライドが高い(見下すような、馬鹿にするような所もある)

尊大型は「相手が悪い」という

『過去に家族、友人、恋人などから認められるという経験が薄い』と、尊大型タイプになりやすい。
認められた経験が薄いという過去があるために、『褒められたい』『認められたい』という想いが強いようです。

ですが、過剰に『褒められたい』『認められたい』という訳ではなく、正当な評価をして欲しい

その想いが『プライドが高い(見下したような、馬鹿にしたような言動)』に繋がります。

私が感じた事なので実際は違うかもしれませんが
承認欲求が強い原因となった、家族など身近な人に認められた経験が薄いという過去の想い。

それが、自分を大きく見せるために相手を見下したような、馬鹿にしたような言動へと繋がっているのではないか?

『自分に非はない、相手が悪い(周りが悪い)』というのも、「認められたい」「褒められたい」という想いが、『相手より自分は優れている』と相手に知らせようとしている。

尊大型タイプは、自分を大きく見せる為に、知り合いに凄い人がいたらその人の名前を出すということもある。
相手が自分より優れていると思っても相手を下げようとする言動を取ったりとかですね。

集中している作業などの邪魔をされると怒る

過集中を邪魔されると怒る発達障害の旦那
集中している作業を邪魔されると怒る発達障害の旦那

邪魔をされるとキレるようですね…。

誰でも邪魔をされると嫌だとは思いますが、尊大型タイプの方は本当にキレます。
何を言っても聞かないと思いますし、収まるまで時間がかかります。

ネスケの場合は、集中しているのを止められる事を

「途中でやめるのが気持ちが悪い」
「続きが気になって落ち着かない」

集中(主に過集中)している時に、声をかけたり、質問をすると怒ります。

この時の「怒り」は、パニックが怒りとして表れている時に近いと感じています。




【ASDタイプ】尊大型のいくつかの特徴と対応【まとめ】

尊大型タイプの特徴は

  • 自己主張が強く
  • 威圧的な態度
  • 相手の意見を聞かない
  • マイペースとも思える
    (人の意見に左右されない)

尊大型タイプの特徴を簡潔に纏めると

威圧的な言動に繋がっていくのも、自分の中の価値観で物事を判断し、その価値観から外れる事は、非難、排除(拒絶)する事になり、それを正当化するために威圧的な言動で攻撃する。
攻撃と言うより、自分の価値観を押し通す(強い主張)となる。

自分のなかの価値観から、外れる発言や、なにか起こった時。

  • 相手を非難する
  • パニックを起こす

これらが原因となって、威圧的な言動へとつながる。

自分に非があったとしても「自分は悪くない」と、論理的に威圧的に主張を押し通してみたりします。

その主張が通らないと、さらっと流されたりします。

非を認めない発達障害の旦那
自分の非を絶対に認めない発達障害の旦那

「そうなんだ~」とは、返ってきません。
自分の主張をずっと言っています。

最近の私は『スルースキル』を習得したので、ほぼスルーします。
スルー出来ないことにたいしては、注意というか指摘します。

ネスケの場合は、威圧的な言動と言うのは少ないので(少ないというのはメルトダウンやパニックを起こしている時には怒鳴ることが多い為)、スルーするか、指摘するかのどちらかの対応をしています。

『尊大型編 1』にも書きましたが、威圧的な言動で攻撃されている時などは黙って聞く。

ただ、肯定も否定もしない。

威圧的な言動への対応
  • 威圧的な言動(攻撃など)をされている時は、否定も固定もしない
    (黙って聞いているか、時にその場を離れることも必要)

  • 落ち着いた時に『視覚的』に伝える
    (LINEやメモなどで伝える)

  • 褒める
    (ネスケとネスケ父には効果大でした)

  • 人格否定をしない
    (行動に対してではなく、「人」を責めない)
  • ネスケとネスケ父の場合は、肯定してしまうと(「そうだね」など流すような言動)
    あとで「否定の意見」は聞いてくれません。
    「意見をころころ変えるなっ!」など怒りが復活することが多い。


  • ASDの特性の方は、口頭で伝えられるというのが苦手な方が多い。
    口頭ではなく視覚的に伝えるという方法が良いと思います。


  • 承認欲求がつよい尊大型タイプへの対応として
    家事の場合だと「褒めて動かす」
    例えば我が家では
    「私はネスケみたいに、上手くゴミを詰められない。
    ネスケは上手いからゴミを詰めて、出勤するときにゴミ出しをお願いしたいな。」

尊大型タイプは、『自分の中の価値観』と『強いこだわり』ここが核なのかもしれません。

あくまでも私の思っている事ですが…。

尊大型についての記事前編は