旦那の話し方の特徴(ASD編)

察せれない発達障害の旦那ASDの話
私は専門家ではありません。
私が調べた事とネスケの場合を書いています。
参考程度にお読みください。
発達障害(ASD+ADHD)と、診断されている旦那ネスケの嫁のネスケ子です。
ASD・ADHDの、両方の特徴を持つ旦那ネスケですが。
話し方にも、特徴が出ています。

 

ASDの特徴が出ている話し方。
ADHDの特徴が出ている話し方。
今回は、ASDの話し方の特徴、ネスケの場合として書いてみます。

 

ASDとADHDの特性はこちらの記事

 

 

 

 

自分の興味のある話が止まらない

察せれない発達障害の旦那

ASDの特性から来るものらしいですが。

ネスケは、自分の興味(関心)が、ある事の話が止まりません。

それに加えて

『状況を読むという事ができない』という特性があるので、相手が話に飽きているという空気を醸し出していても、その事に気づかずに話し続けます。

私の場合は、話に飽きてくると、違う事をし始めたり、その場を離れようとするのですが、後を追いかけてきてまで話をしてきます。
なので、時間がある時は話を聞きますが、忙しい時などは『止めます』。

話を止めます。

頑張って止めます。

もしくは、聞いているふりをして違う事をしています。

『聞いてるのっ?聞いて!ちゃんと聞いて!』

と言われても、「ちゃんと聞いてるよ!」と言います。
(本当は、あまり聞いていないです。)

でも、ネスケの話が終わって、私の話を聞いてもらおうとしても、その話の内容に興味がないと

『聞いてくれません』

これは、腹立たしいですね!

こういう所は、発達障害という事を知らない人だったら

『何この人!自分勝手!』と、思われるんだろうなと私は思っています。

(たぶん、思われる)

 

 

 

 

思った事を口に出してしまう

思った事を言ってしまう

思った事を考えずに、そのまま口に出してしまう。

相手が私ならまだいいです。
(ムカつきますが。時に傷つきます)

相手によっては困るかもしれませんね。

いや、困る。

私は、未だに「金髪豚野郎」と言われた事を根に持っていますが。

今、ネスケに

「思った事を口に出しちゃって困ったことある?」と、聞いてみました。

返ってきたのは

「数え切れないほどあるよ」です。

 

1つエピソードを教えてほしいとお願いしたのですが…。

「わからん」だそうです。

今は、ネスケが他の事をしているので、無理だとは思っていました。

 

 

 

 

 

会話中にいきなり話を変える

会話に興味がない旦那

聞いてほしい事や、答えて欲しい話などを私がしている時に、急に違う話を始めます。

こちらは「え…?」と、なります。

前は、「あれ?」なんて思いながらも、違う話を始めたネスケの話を聞いていました。

が、今では

「おいっ!私が話をしているのっ!」と、注意をします。

ですが、ネスケは話したくて止まりません。

その話が頭にあるので、私が話の続きをしてもネスケの中には入っていかない。

仕方なしに、ネスケの話を優先させて聞きます。

かなりの『会話泥棒』です。

これ、オチのある話をしている時だと、辛いしかないです。

 

 

 

会話に主語がない

 

主語がない発達障害の旦那 言ったつもり

これは、最近特にひどくなっています。

その上、主語がなくてネスケが何を聞いているか分からないので聞き返すと

同じ言葉が返ってくるんです。

これ、最近は毎日、何回も起こっている事です。

最後の方なんて

『だからっ!なにがっ!』と、ついつい強い口調で聞いてしまいます。

これは、なんでしょうか?

最初、ネスケだけがそうなのかと思ったんですが、いろいろな当事者の方の声を読んでいると、何人か「主語がないと言われる」という方がいたので、発達障害の特性なのかな?と、最近思っています。

 

 

 

話がとてもまわりくどい

回りくどい話し方発達障害の旦那

とにかく、まわりくどいです。

1から10まで話します。

起こった出来事だけではなく、その場にいた人、なぜそこに居たか?、その出来事が起こった人の背景、などなど。

起こった出来事に関わる人や、背景まで話すので、聞いているこちらはぐちゃぐちゃになり、「ん?結局何の話だ?」と、なってしまう事もあります。

これは、会話だけでなく、文章にも表れます。

事故の関係で、事故の詳細を報告書として提出する事になったのですが。

全部、書いていました。

何時に、なぜそこを通ったか、どう思ったか、などなど

『ん?これ報告書だよね? 日記じゃない?』と、読んだ私は思いました。

添削を頼まれたので、必要のない部分を消したんですが

ネスケは「なんでそれを消すのっ!」と、その部分は残したいという。

うーーーん、添削の意味がない…。

そのまま出せば?と言うと、「直して!」と言う。

でも、私が直すと、消す部分が多い。

でも、ネスケは消したくない。

とりあえず、めんどくさかったです。

 

なぜ、必要がないかなどを説明して、すっきりとした物になりましたが、ネスケはその後もブツブツ言っていました。

この特徴は、ASDの特徴となります。

以前、ネスケになぜまわりくどくなるか聞いた事があります。

自分が、1から10まで説明されないと分からないから、自分もそう説明を相手にしてしまう。
けれど、だいたいの人が1から10まで言わなくても分かると思っていても、どうやって要点だけを伝えるか分からない。
自分なら、こう説明されないと分からないというのがあるから、どうしてもまわりくどくなるみたい。
という事みたいです。
 
なので、私がネスケの文章などを直すと「これで伝わるの?」と、言われてしまいます。
 
映画などを観ている時も、ネスケが途中で止めて「これどういう事?」と、聞かれる事は多いです。
 
その聞かれている部分は「察する部分」です。
 
 
1の次は2
2の次は3
3の次はこれか!というピンッ!と来るものがない。
 
 
ネスケは、私の事を「ほんやくコンニャク」と言います。
 
誰かと話をしてる時に、ちょっとわからない時は私に「今のどういう事?」と、翻訳を頼んできます。
 
 
「ネスケ子は、俺のほんやくコンニャクだっ!」
 
 
なんだろ、あまり嬉しくないです。
 
 
 
 
 

会話の特徴はこんな感じです

望む会話

 
だいたいの人との会話はこんな感じだと思います。
 
・問いかけたら、返答が来る。
 
・喧嘩になって強い口調で言っても、返答が来る。
 
・話の結末もある。
 
会話のキャッチボールですね。
(イラストはネスケの好きなテニスで描いてみました)
 
 
これを、ネスケとの会話にしてみると。
 
発達障害の旦那の会話はこんな感じ
 
 
・まず、聞いてくれない。
 
他の事をしている時や、過集中の時は、会話ができません。
なので、もちろん返答はありません。
 
 
 
 
 
・特に喧嘩の時に多い事ですが、とんでもない返答が返ってきたりすることが多いです。
 
いわば、場外ホームランです。
 
 
話の内容から、かなり遠いところに行ってしまいます。
 
 
 
・変化球…。
 
え?なぜそうなった!
 
という、返答です。
 
 
後で、詳しく聞いてみると
「なるほど、そう受け取ったから、あの返答が来たんだね」と、分かりますが。
 
言われたその時は、「なぜ!」としかなりません。
 
 
 
全部、ちゃんと聞いてみると、原因が分かるので。
 
話し合いは大切だなと、しみじみ思う今日この頃です。
 
他にもネスケの話し方の特徴はありますが。
 
今回はこの辺で終わります。
 
またの機会がありましたら。
 
もっと掘り下げて書いてみます。
 

 

この記事におすすめの本